お風呂の入れ方



入浴前の準備

 まず、入浴後の白湯やお茶を用意します。着替えは、袖の部分まで重ねて通し、一度に着せられるようにして、バスタオルを敷いた座布団などの上に広げておきます。さらに、この着替えの上にバスタオルを広げ、入浴後、すぐに体を拭けるようにしておきます。これを、二人分用意します。慣れてくればロスタイムも少なくなります。

入浴

 首がすわるまでは、台所の流し台やテーブルにベビーバスを持ってきて、お母さんが立った状態で入浴させた方がよいでしょう。
 お風呂で入れる場合は、赤ちゃんが小さい頃は一人ずつ入浴させますが、二人が不安定ながらもお座りができるようになってきたら、直径30センチくらいの、深さのある洗い桶に一人ずつ座らせて、お湯をかけながら洗ってあげましょう。かなりの時間短縮がはかれますし、お母さんも一緒に入浴できます。
 洗い桶にお湯を張り、一人を洗っている間、もう一人を座らせておけば、ひっくり返る心配もありませんし、おもちゃなどで遊ばせておけば結構機嫌よく待っていてくれるものです。時々シャワーをかけて、体が冷えないようにしてあげましょう。